ソルベンシー・マージン

ソルベンシー・マージン

ソルベンシー・マージン比率とは

保険会社の経営の安全度を示す指標の一つとして近年とくに注目されるようになり、『会社四季報』『会社情報』などにもその数値が掲載されるようになっています。これは、保険会社の保険金支払いリスクに対して、実際の支払い能力がどの程度あるのかを示しています。このため日本語では「保険金支払い余力」ともいわれています。数値が高いほど安全性が高いことになります。

一般的にはソルベンシー・マージン比率が200%を超えていれば安全といわれてきましたが、200%を超えていた保険会社の経営破綻も発生しました。今後は少し慎重にこの数値をチェックしておいたほうがよさそうです。

承認番号:B17-100415 使用期限:2018年06月08日

DA150916-1

ページトップヘ