よくある質問│バイク保険の補償内容と範囲って?

バイク保険の補償内容と範囲って?

バイク保険とは二輪車自動車や原動機付自転車の任意保険のこと。

バイク保険とは、バイクやオートバイと呼ばれる「二輪自動車」や「原動機付自転車」の運転中の事故を補償する任意保険を指すのが一般的です。
また、バイク保険は自動車保険の一種でもあり、自動車保険と同様に、自賠責保険では補償しきれない人身事故の補償金や、対物事故などの万が一の事故による賠償金への補償、また自分がケガをした場合の補償などを目的に加入する保険です。バイク保険は自動車保険の一種といっても、加入できる保険のタイプや特約などの一部については自動車保険とは異なる場合があります。
まず、バイクやオートバイは、排気量125cc超が二輪自動車、排気量125cc以下の二輪車および50cc以下の三輪以上の自動車が原動機付自転車と区分されていますので、バイク保険もバイクの種類によって異なる部分もあります。

バイク保険は対物、対人補償の2つがあります。

バイク保険の主な補償は相手のための補償と自分のための補償の2つであり、他人のための補償には、対人賠償保険と対物賠償保険があります。

《対人賠償保険》
交通事故で相手をケガさせたり死亡させたりしたときの補償を、対人賠償保険といいます。
補償範囲は、病院の診療費、入院料、投薬料、手術料などの相手の治療費や、事故によるケガで相手が仕事を休んだときに収入の減少分を補てんする休業損害、ケガによる精神的負担や苦痛などに対して相手に支払う慰謝料などとなります。バイク保険は自動車と同様に自賠責保険の支払額を超える部分の補償となります。なお、被害者救済を第一に考えていますので、飲酒運転や無免許運転での事故であっても、相手への保険金は支払われます。

《対物賠償保険》
交通事故で相手の車や家屋など、物を破損させた場合に保険金が支払われるのが、対物賠償保険です。 物には、持ち物以外にも犬や猫などのペットも含まれますが、他人から預かった物に対する賠償は対象外となります。なお、対人賠償保険と同様に対物賠償保険も被害者救済を第一に考えていますので、飲酒運転や無免許運転での事故を起こし、相手の物を破損させた場合にも、保険金が支払われます。

  

バイク保険の取扱いは保険会社、代理店のどちらでも加入できる。

バイク保険は自動車保険を取り扱う保険会社や保険代理店で加入ができます。バイク保険の保険料は、直接保険会社と契約しても、代理店を通しても変わりませんので、複数の保険会社の見積もりが比較できる代理店で選びましょう。

バイク保険の比較見積もり

ページトップヘ