よくある質問│バイクを買い替えたときの手続きについて

バイクを買い替えたときの手続きについて

バイクを買い替えたら手続きがあるので要注意。

バイクの買い換えを決めたら、ナンバープレートの登録や税金の支払い、自賠責保険やバイク保険(任意保険)への加入などの様々な手続きが必要となってきます。
ナンバープレートは、概ね1台のバイクに対して、1つのナンバーが登録されることになりますので、バイクを買い替えた場合は、特別な手続きをしない限り、新たなナンバープレートとなることがほとんどです。買い替えにあたり、現在乗っているバイクを、売却または下取りとするのか、廃車にするのかは、バイクの販売店や買い取り業者と相談して判断することとなります。
また、バイクの購入に伴って支払う税金は、自動車重量税や軽自動車税などがあり、バイクの総排気量が増えるにつれて税金は高くなっていきます。
また、バイクを買い替えると自賠責保険や任意保険の契約の見直しも必要となります。保険の加入は、バイクの販売店でも取り扱われていますが、自分にあったバイク保険を選ぶには、保険代理店で比較検討してから契約するといいでしょう。

契約によって保険料が追加、払い戻しされることも。

買い替え後のバイクの契約内容によっては、保険料の追加や払い戻しになることがあります。その場合は、追加の振込みや、払い戻し手続きがあるため、買い替えをするときは保険会社に確認をしましょう。

買い替えても自賠責や任意保険の見直しが必要です。

買い替えたバイクの排気量や用途によっては、契約内容の見直しをしたほうがいい場合があります。見直し後、保険料が安くなる、補償が手厚くなるといったメリットもあるため、バイクを買い替えたときは、契約をそのままにせず、バイクの用途に合わせて契約を見直しすることもオススメです。
また、買い替えたからといって、自賠責や任意保険を解約すると、バイクに乗れなくなってしまうので、どんな保険を選んだらいいかわからない場合は、保険会社や代理店へ相談してみましょう。

バイク保険の比較見積もり

ページトップヘ