保険選びのアドバイス「バイク保険の基礎知識」

バイクの盗難をバイク保険でカバーしたいときにはどうすればいい?

バイクが盗まれた!こんな場合も保険で補償ができます。

「駐輪場に鍵をかけて停車していたはずのバイクがちょっと目を離したときにない。」 バイクの盗難はいつどこでどのような状況で起こるか予測がつきません。盗難に遭わないように防犯対策を行うとともに、盗難は保険でカバーすることを考えておきましょう。

盗まれる前に防犯対策は万全に。

バイクを盗まれないためには、バイクを置いてあることを知られないことですが、バイクは駐輪場等に置くことが多く、隠しておくこことは困難といえます。バイクを置くときにはバイクカバーなどで、車種が分からないように隠しておきます。そして、鍵をかけるのは当然ですが、複数のロックを併用するなどして、ロックを解除したり壊したりするのに時間がかかるようにしておくことが盗難防止に繋がるといえます。

盗難のために保険加入の検討を。

防犯対策は行ったうえで、バイクの盗難に備える保険に入っておくことはさらなる安心につながります。バイクの盗難に備える保険に単独で加入するという方法もありますが、バイク保険に盗難への補償が付加できる保険が登場してきました。
一例ですが、チューリッヒのバイク保険には車両保険が登場し、自宅ガレージに停めておいたバイクがなくなっていたなどの盗難時に警察に届け出た場合5万円が補償される臨時費用特約が付いています。また、日新火災海上保険「おとなのためのバイク保険(盗難補償付)」は、35歳以上限定となりますが、事故・盗難・車両トラブルを1つの保険でまとめて契約ができ、バイクが盗難に遭い駐輪場からなくなる、バイクが盗難され後日発見されたが破損していたというような場合に補償されます。

バイクの盗難保険を契約するには?

みんなのバイク保険

NTTイフでは盗難補償のみでも加入できるSBI日本少額短期保険の「みんなのバイク保険」を取り扱っております。
現在25歳以上で、125cc超のバイクにお乗りの方は任意保険と「みんなのバイク保険」とのセットでの加入をお勧めしております。

見積もり・申し込み ※ここから先はSBI日本少額短期保険株式会社でのお手続きとなります。
※少短保険会社のお申込サイトに遷移いたします。お客さまのご意向と同じであればボタンを押してください。

よく見られているおすすめコラム

ページトップヘ