保険選びのアドバイス「バイク保険の基礎知識」

任意保険が付いていない友人のバイクで事故を起こした場合の補償について

「友人とバイクを取り替えて走り出した直後、急なコーナーでハンドル操作をミスし、歩行者と接触事故を起こしてしまいました。友人のバイクの保険はなんと任意保険が付いていないのです。被害者への賠償はいったいどうしたらいいでしょうか?」

相手方への補償はまず自賠責保険

まず相手の方のけがについては、お友達のバイクについている自賠責保険を使うことができます(ケガの場合120万円が上限)。

ご自身がバイク保険を契約されている場合

あなたご自身がバイク保険を契約していて「他車運転(二輪・原付)特約」がついていれば、今回のように「他のバイク」を運転して事故を起こした場合でも、被害者に対して、対人・対物賠償保険金が支払われます。
また、「他車運転(二輪・原付)特約」がついていなくても、そもそも借用中のバイクに搭乗中の事故も補償している会社もあります。契約内容を確認することをお勧めいたします。

友人からバイクを借りる場合は事前に契約内容の確認を

どのバイクも自賠責保険が契約されていますが、それでは補償が足りなくなることも。友人のバイクやご自身の保険の契約内容について事前に確認をして、十分でないと判断したら他人に迷惑をかけることは避けましょう。

ワンポイントアドバイス

配偶者や同居の親族の名義になっているバイクや常時使用しているバイク、また仕事で会社のバイクを運転する場合は対象外です。
このページで説明をした保険金の支払いはあくまで臨時でバイクを借りたときに限られます。

バイク保険の比較見積もり

よく見られているおすすめコラム

ページトップヘ